本文へスキップ

Excel表計算処理技能認定試験/日商PC検定を受験しよう

日商PC検定

Excel表計算処理技能認定試験

■資格内容

ビジネスでのExcel力を認定 
ビジネスシーンで最も活用されている表計算ソフトであるMicrosoft Excelを使って、効果的にビジネス実務を行う能力を測定する。大学やパソコンスクールなどの教育機関、企業におけるOA研修などにも用いられ、平成7年の開始以来、32万人以上が受験している。


■試験内容

表計算処理等の実践も! 
1級〜3級があり、いずれも知識試験と実技試験を実施。


■詳細情報
受験資格: 特に制限なし
試験形式: 知識試験=Excel2010は表計算処理及びExcelに関する知識、その他はビジネス帳票及びExcelに関する操作知識/選択式、2010は15問・15分、その他はテーマ別大問10〜15題(小問40〜45程度)・30分 実技試験=Excelの操作によるファイル等の作成・編集/2010は大問形式5題、その他は5〜8問程度の大問形式、1級・2級90分、3級60分 ※実技試験で使用可能なソフト(バージョン)は試験会場により異なる。
試験日: 公開試験=7月中旬、11月上旬、3月中旬 随時試験=随時(試験会場により異なる)
試験地: 公開試験=全国16都市 随時試験=全国各地の認定会場 ※詳細は公式サイト参照。
受験料: 1級=7,500円、2級=6,500円、3級=5,500円
合格率: 76.4%(平成22年度)






ユーキャンの日商PC検定講座


ユーキャン日商PC検定
メインテキスト:2冊
演習CD-ROM:2枚
標準学習期間: 3ヵ月(質問サービス期間 6ヵ月)

当講座では、文書作成コース/データ活用コース/総合コースと3つのコースをご用意していますが、それぞれOffice2003、2007、2010に対応しており、ご自分のパソコンに入っている Officeのバージョンに合わせてご受講いただけます。


無料資料請求はこちらから⇒



日商PC検定試験

contents